トップページ > バイクメンテ > 足回り・制動系 > ブレーキパッドのクリーニング(前輪)

ブレーキパッドのクリーニング(前輪)

▼ 2001年 10月 22日

どうもブレーキも慣らしが中盤に差掛かったようで、クリーニングしとこうかと思い立ちました。DUCATIのブレーキはデフォルトでブレンボ製。どうやら最近は実感しないけど、ホントに良く効くブレーキなのです。

それでもやっぱりメンテはちゃんとしてないと、せっかくのいいブレーキもその性能を発揮できないっつーもんです。簡単なクリーニングだけでもやっておこうかと思います。

SS900純正のブレンボ・フロントブレーキ・キャリパー 外観はこんな感じ。ドカティは元からブレンボが付いてる。 タッチはF1の方がずっとリニアでよかったような気がする。 (鋳鉄ディスクだからか?)
ブレーキパッド・ピンの割ピンを抜く まずは、ブレーキパッドピンを止めているピンを引っこ抜きます。
もちろん2本あるので、両方とも。上側はステンレスの板に隠れているので、パッドピンを少し回して、ピンを見つけて引っこ抜こう!
ブレーキパッドピンを抜く で、パッドピンを引っこ抜く。
下からね。上側を抜く時に、ステンレスの板を落さないように。

ブレーキパッドは勝手に抜けたりしないから心配要りません。

ステンレスのカバーをはずす ステンレスの板を抜きとります。
ブレーキパッドを引き抜く これがブレーキパッド。
指でも抜取れる。落さないように注意。
ブレーキパッド・クリーナーで掃除 抜取ったら、ブレーキクリーナーで、シューッとクリーニング。まだ新車だからパッドの減りはなかったけど、もともとどのくらいある物なのか、参考になった。
キャリパーピストンも掃除 ブレーキのキャリバーのほうも、ブレーキクリーナーでシューッとキレイにしましょう。
ブレーキパッド・ピンにグリスを塗布 これは、パッドピン。組付ける時に、ちょっとだけグリスを塗りました。すこしは意味があるようです。

end…


《関連記事》

Top