トップページ > バイクメンテ > 電装・外装ほか > クラッチカバーを換装

クラッチカバーを換装

▼ 2001年 10月 18日

750F1-PANTAHは、もともとクラッチカバーが密閉型でなかったので、クラッチジャダーもまず、
起きなかったんだけど、前の900SSでは、けっこうあった。
ってことは、今度のSS900 i.e.でもあり得るので、もう最初っからカバーを穴アキにしちゃいます。

今回買ったSS900用カーボン・クラッチカバー 「いかず」のS川さんみたいに、自分で標準のクラッチカバーに穴、開けてもいいだけど、うまくいかせる自信がなかったので、カーボン製のもの(モトプラン)を購入してしまいました。説明書に「あまり強いトルクで締付けるとカーボンが割れます」とあった。 なにか工夫せねば..
もともとの密閉型のカバー これが、もともとの外観。
密閉型のカバーです。まずはコイツをはずす。 カバーを止めているボルトは4つだけなので、全部はずさない。
ネジロックを塗ります カーボンカバーの割れ防止に、塩ビのワッシャをかました。これは手芸屋さんに売ってた、ぬいぐるみの関節に使う物を流用。ボルトにはネジロックをする。
カーボン・クラッチカバー装着 これがカーボンカバー装着後。
カーボンクラッチを付けた、DUCATI SS900ie 全体ではこんな感じ。
少し、締まったカンジになったかな。
SS900ieのコックピット まったくついでに、いらない腕時計をトップブリッジに巻付けてみた。
これで、時間も判るな。前は車用のつけてたんで、雨がふるとダメになってたけど、これなら大丈夫。

end…


《関連記事》

Top