トップページ > バイクメンテ > 電装・外装ほか > コケたら治す(748Rでは初めて)

コケたら治す(748Rでは初めて)

▼ 2017年 5月 7日

先日(4/23)に戸隠高原で転倒したときのダメージを修理した。

ダメージは、
(1) 左ミラーステー(折れた)
(2) 左ミラーのところのフェアリング(欠け)
(3) 左ライト(ロービーム側にヒビ)
(4) ギアチェンジレバー(曲がった)
(5) 左ウィンカー(折れた)
といったところ。

どうにもならないミラーステーだけオークションで中古を手に入れた。あとはなんとかするつもり。

欠けてしまった左ミラーステー

こんな感じにミラーステーが折れてしまった。

ウィンカー付け直すついでにラムエアダクトを点検

748Rは横に倒すとラムエアダクトがダメージを受ける事があるとのこと、一応点検のため開けてみた。

ウィンカーのケーブルを通すにも分解した方が楽だし。

ラムエアダクトから見える吸気システム

ラムエアダクトの付け根、ガソリンタンク下のエアクリーナーボックスの中身が見える。

なんとロービーム横にも大きなヒビが入っていた

フロントフェアリングを外してみてから気がついたのだけど、左のロービーム側にも大きなヒビが入っていた。

エポキシ系の接着剤で着けているところ。このあとはみ出した接着剤をカッターで削ってツルッとさせてやる。失敗すると塗装を削ってしまうので注意。

ちゃんとやるなら塗装した方が更に目立たない(今回はやらない)。

ミラーステーの前が欠けてしまった

ミラーステーの所の割れ。こちらの方が頭が痛い。

ミラーステーの前後に割れがある。しかも一部取れてしまった。とれた部分は拾えたので、まあ何とかなるかな。

欠けたミラーステーのフロントフェアリング

欠けた部分をなんとか接着。

まあ欠けたところはいいとして、よく見たらミラーの取り付け台の形にヒビが入っていた。一応、溶着剤を流し込んでおいたけど、あまり溶けない素材のようだから効果は期待できない‥

右も前のオーナーがバキバキにしてるから、いずれはフロントフェアリングごと交換したいな。

ちょっと雨が降ってきたので休憩

雨も降ってきたし、接着剤が完全に固着するまでこのまま待ちましょう。まだミラーステーも交換してないけど。

以前F1-PANTHAもフェアリングを取って、外装がなくなってもカッコよかったけど、748Rもあの特徴的なフロントフェアリングがなくてもカッコいい。

リレーホルダを新品に交換

転倒前に手配しておいたリレーホルダも交換した。

手前で手で持っているのが交換前のボロボロのホルダ。もうリレーがホルダからこぼれ落ちてしまいそうな状態だったけど、きっちり収まった。安心、安心。

新品部品は「DUCATIコルサ」から購入。部品表からなんでも注文できてたいへん助かる。

ついでにウェルナット(ラムエアダクトとフロントフェアリングを留めている)を交換

これも転倒前に手配した「ウェルナット」。もうゴムの部分が切れてやっとこさ留まっていた。こちらも「DUCATIコルサ」から新品を購入。

ウェルナットは矢印の方向で挿入すると装着しやすい。上からギューっと押し込む。同じ径のアナが開いているけど、下から通すと結構無理がある。

ひとまず748R完成。

748Rこれでひとまず完成。元通りではないけど走れるようになって、古くなった部品も交換できた。ラムエアダクトの点検もできたし、まあケガの功名かな。

ただ走る時間がなかったから、本当に問題なく走れるかはまだ判りません‥

ギアチェンジレバーを綺麗なものに交換

(2018/6/24)
ギアチェンジレバーは修正して「なんとか使える」程度にはしていた。それが先日、オークションに出ていたちょうどいいものを手に入れることができた。実はブレーキレバー用(右側用)だけど、いい感じに付きました。

 end…


《関連記事》

Top