トップページ > バイクメンテ > FORZA-T > FORZAのウェルカム整備

FORZAのウェルカム整備

▼ 2006年 3月 26日

さてさて、FORZAの初期型(MF06)がやって来た。まずは昨日初めて乗ってみて気になったところや、もともとやっておこうと思ってた事をやってみました。

  1. リアサスのスプリング調整
    どうも後ろが突き上げる感じなので、もう少しソフトになるようにしてみた。
  2. キャブのお掃除
    泡タイプのキャブクリーナを手に入れたので、これでちょっとお掃除を。
  3. 傷へのタッチアップペイント
    前のオーナは大人しく乗る人だったらしいが、ちょこっとコケてる。
まずはマフラーを取り外します まずはリアサスのスプリング調整を。
写真は後輪右側。車体左側はなんにもしないでも調整できるけど、右側はマフラーを外さないと調整できない。
マニュアルには事もなさげに「両方同じ堅さに」と書いてありますが、マフラー外さないとできない、とは書いてない‥そこで、左の写真。これらのボルトを外してマフラーをひとまず外します。
緑の矢印は緩めるだけ。この緑の矢印の所からすっこ抜けます。
スプリングのプリロードを弛めます 外すとこうやって簡単に調整できます。
標準は「3」のところを「2」にした。
HONDA純正の車載フックレンチ そうそう、こんな小さなフックレンチが車載工具として装備されてるので、これを使います。こういうところはさすが日本車、ちゃんと用意されてていいです。
エアクリーナボックスを開きます お次はキャブのお掃除。
車の後輪左側です。これにはまずはエアクリーナの箱を開けて、キャブの吸気口を探します。左の写真の6ヶ所のプラスネジを緩めて外します。
エアクリーナボックスを開ける最後のネジはこうして外す 上の写真でも、1ヶ所だけボディにある「穴」に矢印があるけど、これがポイント。ここからドライバーを差し込んで中のネジを緩めるのだ! すぐ左の空気穴(?)からのぞき込んで、ちゃんとネジの頭にドライバーが行くようにもぞもぞやってはずす。
エアクリーナが見えます(きたないオレンジ色のヒダ) これがまずは外のフタが外れたところ。
エアフィルタが丸見えになります。これを留めてるネジ二本を外して‥

(つづく)


《関連記事》

Pages: 1 2

Top