トップページ > バイクメンテ > 750 F1-PANTAH > 気になってたミラーを交換した

気になってたミラーを交換した

▼ 2000年 9月 25日

F1-PANTAHのミラーはイタリア製(『ビタローニ』でしたっけ?)なのはいいんだけど、いっくら留めても、締めても、走っていると振動で下に垂れてくる。いつのまにか、あらぬ方向を向いていて、車線変更したりコーナーに入る時にドキッとする。

いろいろ手を尽くしてやってみたけど、
やっぱり垂れる。すぐには垂れないけど、
だんだん垂れてくる。んーーーーということで、ぜんぜん違うものに交換することにした。
そうそう、これが今回着けた「バーエンド・ミラー」です。ハンドルバーの末端にくっつけるタイプなので、そう呼ばれるようです。
上野のコーリンさんで購入(2,600円だったか?)。

ついでにグリップも換えた。「SUPER BIKE」
同じくコーリンさんで購入(1,400円)。

ミラーの取付けは簡単。
(1)マイナスドライバーで、バーエンドキャップの固定ネジをゆるめて外す。
(2)ミラーを突っ込んで、付属のヘキサゴンレンチ(六角レンチ)で角度を調整しながら固定。
これだけ。後ろからみるとこんな感じ。
なかなかいいかな。
まえからだと、こんな感じ。右側だけ、このミラー分車幅が増えちゃったから、すり抜けの時にちょっと心配だな。
10cm近くはみ出してるよ。

そうそう、グリップは前に石けん水を使って、簡単にはめ込んだら、そのあとワイヤーで固定しても、いつまでもユルユルしていて困ったので、今回は水だけで突っ込んだ。
その上にワイヤーで固定。ばっちりかな。

なんか“やぼったい”純正ミラーがなくなって、すっきりしたね。
いい感じだ!
ま後ろからもいいね。
さらに細くなった感じがするよ。

end…


《関連記事》

Top