さよならF1-PANTAH

とうとうF1は人手に、SS900i.e.だけになります。

F1-PANTAHのちょっと古い設計だけどでもカッコいいところをフィーチャー。

F1も乾式クラッチだった。
クラッチカバーには穴が最初から開いている。最近のはこの中のサビが見えないようにか、穴がない。
このガソリン吸入口がまたレ-シー。レ-シーでカッコイイのはいいんだけどカギがかからない。それに、フタが全部とれちゃう!「MADE IN ITALY」がまたいい‥
中身はサンタモニカなのに、トリコロールカラー!
kunには理想のF1だった。
ステキー、の一言。
そうそう、F1のスタンドは、下まで伸びてるフレームに付いている。最近のはオイルパンに付いてる。
フレームからベルトカバーがはみ出てる。エンジンの幅と同じくらいの幅しかないってこと。
ちなみに、SSはちょっと車体の方が太いね。
後ろから見ても“細さ”わかるね。
SS900は…ちょっと太い…
748Rの後姿 748RはPANTAHとSS900の間くらい。

1 2 3 4