トップページ > いろいろ写真集 > 2016年〜(748R水冷デビュー) > 748Rで飯綱高原を一周り

748Rで飯綱高原を一周り

▼ 2016年 5月 29日

ちゃんと走りに行きたくなり、飯綱高原に向かった。
浅川からループ橋、中曽根を回って飯綱高原へ。飯綱スキー場にぶつかるT字路を左折。ホテルアルカディアの駐車場でひと休み。写真を撮ろうと思ったら、自転車でここまで上ってきた方が「撮りましょうか?」と声を掛けてくれた。

飯綱高原の山中で正面から まずは駐車場の端っこで山の花々と一緒に。
タリオーニデザインの748Rはやっぱりキレイだ。SS900のテルブランチのデザインと違って素直にDUCATIらしく感じられる。
飯綱高原の山中で真横から しかしデザインよりSS900と違うのはハンドリング。ちょっとした重心移動でクルクル向きを変えてくれる。あのSS900が鈍くさく感じるくらい。

サスペンションも大きく違って、SS900はどうしても前後にヒョコヒョコする感じがあったが、749Rはビタッっと地面を捉える。

飯綱高原での748Rの後ろ姿もまた美しい ハンドリングといえばBuellとはやっぱり大違い。街乗りではBuellの方がずっと乗りやすいし小回りも利く。でもワインディングではDUCATIはクイックで車体まで軽く感じる(ちなみに乾燥重量は748R>SS900>XB9S)。
DUCATI 748Rだ 古い車体だけど「DUCATI 748R」のポテンシャルはkunには充分過ぎるくらい。これからも長く乗れるようkun自身のカラダもダレないようにして行かないとね。
DUCATI CORSEのエンブレムもまたしっくりくる 「DUCATI CORSE」のエンブレムもカッコいい。
フロントフォークのトップブリッジも流麗 トップブリッジもノーマルでこんなに素敵なデザイン。
飯綱高原ホテルアルカディアから長野市の眺望 右にホテルアルカディア。
遠くに長野市市街地が見える。

 

748Rフロントマスクのエアインテーク 748Rのフロントマスクをよく見ると、ヘッドライトの下に三角形のエアインテークが見える。ここからエアクリーナボックスまで筒状のダクトが伸びている。タンク横のカウルとのすき間を埋めるパネルを兼ねている。なんともうまく作ってある。
748Rかっこいい 748RもBuell XB-9Sと同じように二つ目の片方がロービーム、もう片方がハイビームになっている。前から向かって右がロービーム。しかもこちらは懐かしのプロジェクションライト。そこへ元のオーナーがHIDを仕込んでくれてある。

 

end…


《関連記事》

Top