トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > 出会い編 > YAMAHA TZR-250RS 編その1

YAMAHA TZR-250RS 編その1

▼ 1999年 6月 30日

にしてもネイキッドのR1-Zは腹が冷える。カウル付けたい!
ブレーキングでフロントがバタバタする。ちと恐い(後程これはテクに難ありと判明)。

と思っていたら、近所のyspになんと美品のTZRが!
最初は信号でとまる度に「へー」とか思ってみているだけだったけど、なんかだんだん「いいねぇ」にかわってきた。ついにはエンジンまわしてもらっちゃったりして。

そしたら… こいつはスゴイ! R1-Zと違って、高い音でパンパンいってますよこれ。なんだかちょっと位相がずれてユニゾンで聞こえるエキゾーストがきれい。乾式クラッチが「チキチキ」いってる。
しびれるフケ上がりに、、、「予約します!」と言い放ってしまった。 バイクは2ストでしょ。YAMAHAでしょ!
でもR1-Zどうしよう。あれはあれでバランスのいい楽しいバイクだから残しておきたいけど… 任意保険二台分はキビシイ、、仕方ないかな…
下取りに出して、TZRの購入に充ててしまいました。

納車になったら、さっそくTZRでツーリング。あの、加速が自慢のX4にも軽くついて行けるパワーと、旋回性能はすごい!スパッときまるコーナリングに自らしびれる。
速い、んだけどなんか、お金以外に失ったものがあるような気が...
カッコいい、んだけどちょっと違うような...


《関連記事》

Top