トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > 出会い編 > DUCATI 900SSとの出会い

DUCATI 900SSとの出会い

▼ 1999年 6月 30日

「すみませーん、あの隅にあるドカティ見せてくださいー」

すると、なんだか気さくなお兄さんが出てきてくれて、いろいろ教えてくれた。

「これはいいですよー。
もともと新車もレッドバロンが平行輸入して販売したものです。
ドカティアメリカの出していたCRってモデルで、カフェレーサーの頭文字だそうです。(なるほどなるほど)
前輪のサスのアジャスターが、本来のSSはあるけどこのCRにはないとか、後輪の足回りはアルミのところが、鉄とか、あとは後タイヤの幅が少し狭いとかのちょっとした廉価版になってます。その他はぜんぜん普通の900SSですよー。エンジンなんかは変わりありません。いままで2ストのってたんでしたら、おすすめですよ。」

ほほー。多少難はあるものの、お手頃な価格でいいね。前のオーナはあまり乗らないうちに辛くて日本車に転向したらしい。なるほど。
さてちょっとエンジン回してもらったらこれがまた!OVERのスリップオンがいい音してるじゃないっすか。おー?いいねこれ。
いいですよーこれ。

んんんんんんんんー
やばい。まだ教習中だし…


《関連記事》

Top