トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > 奮闘編 > 900SSで走り始める

900SSで走り始める

▼ 1999年 6月 30日

それでは次に、初めてのDUCATI、900SSに乗ったところからのお話を‥
つまりレッドバロンで納車になった後、自宅まで自走したとき。。。

アパートまでの10Kmくらいの道のり。でも走り出してすぐになんだか笑いがこみ上げてくる。なんだろこの感じ。ただヘルメットの中で笑う。ゲラゲラ。
思っていた以上のというか、ゼンゼン違うスバラシさ。なんじゃこりゃ。
2ストの加速とも違って、なんていうか、ずっと加速している感じ。教習所で乗ってたCB-750の加速とは明らかに違う。排気量がちょっと多いからだけじゃなさそう。
コーナリングしながらの加速の仕方がちがう。2ストともゼンゼン違う。
ただ、出だしの出にくさと言ったら、これまた‥
ギアが高すぎる上に、乾式クラッチなので、慣れるまでちょいとかかった。
ひとつ前のTZRも乾式だったけど、エンジンのトルクがぜんぜん違うから、どうしたらスムーズに出れるやら。
エンストした時の反動はビッグツインならでは。これはこける、立ちゴケ必至だ。
そのうちやりそう。


《関連記事》

Top