トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > 奮闘編 > こけた

こけた

▼ 1999年 8月 16日

とうとうやってしまった転倒。積極的にぐいぐいトラクションをかけるのが、あまりに楽しくて、いい気になってガンガン行ってた頃でした。
YAMAHA FZ-600に乗る弟が夏休みで遊びにきていたので、いっしょに赤倉温泉にでも行こうってことになり、いつものコースで現地に到着。しばらく温泉につかっていると、なんだか雲行きが怪しくなってきたので、さっさと上がって帰途についた。
帰りは黒姫高原を抜けて飯綱高原へ。そしたらその辺で、心配していたととおり雨が降り出してきてしまった。ま、でもなんかちょいと荒めにアクセルオンすると、ちょっとテールがすべるのが楽しくて、どんどん行った。
そこからそのころお気に入りだった坂中峠に入る手前、地蔵久保ってところのバス停前に、いい感じの上りの左コーナに差しかかった。ちょっとテールが滑りすぎたのが判った。その時なんかやったんでしょう、ハイサイドが起きました。

後続の弟が追突しなかったのは本当によかった。起き上がるkunへ最初に弟が言ったセリフ「いいもん見せてもらったよ」には笑った。

次の日にわかったんだけど、kunは扇状骨(シュウジョウコツ)って、右手の親指の付け根の骨を骨折してました。どっち向いても、どこに手を置いても痛くてこの日は眠れなかった。左ひじの打撲も痛かった。
あと900SSはタンクにハンドルがめり込んでました。レッドバロンのレッカー券でウチまでバイクとkunを運んでもらった。いつもの工場のおにーさんが来てくれてなんか安心した。ありがとうございました。


《関連記事》

Top