トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > SS巡行編 > とうとう手放すときがやってきた

とうとう手放すときがやってきた

▼ 2013年 6月 2日

永遠に自分の手元にあると思っていたSS900。ところが止むなく転職する羽目に追い込まれ年収は激減。SS900に乗る機会を残せるかも判らない状況。節約するために安い賃貸に引っ越しとかいろいろしなければ、、、

今度のところはバイクを置くところも自転車置き場の中だ。SS900をそこに一緒に並べて置くなんて考えられない。さらにガタイが大きいFORZAと二台はさすがに住人の方々に迷惑。

ということで、SS900とFORZAの両方を売りに出すことにした。とはいえ1台もバイクがない生活も寂しいので、前にgishicoも気に入っていたYAMAHA SRV-250を手配した。これなら、いずれ通勤とかにも使えるだろうし、なにしろ車検もない。

SS900のメンテの思い出とともに、パワーコマンダーやテルミニョーニスリップオン,フェンダーレスキット,AELLAステップ,カーボンクラッチカバーを外して、ほとんどノーマル部品に戻してやった。エンジンをかけるとなんとも寂しいノーマルエキゾーストが辺りに響いた。

ノーマルのSS900もまたバランスが取れていてカッコいい。まだ9000kmしか走ってないしピッカピカだから、どこかでこのSS900を堪能してくれる人のところに行くといいな。愉しんでいる話をネットとかで見れたらウレシイ限りだ。

そして後日、SS900とFORZAは引き取られて行った。


《関連記事》

Top