トップページ > 【長期連載】She’s So Delicate > Buell編 > 春が来たからバイク屋に行ってみるか

春が来たからバイク屋に行ってみるか

▼ 2014年 5月 26日

寒い時期が終わって、そろそろ暖かくなってきた。

今、勤めてる会社はレッドバロンが近い。お昼休みにちょっと散歩がてらに寄れる距離。

さてさてどんなのがあるかな?? 入り口付近になんと新車の「ハンターカブ」もちろん12V仕様。これには惹かれた。でも30万オーバーではSRVと引換えにするには惜しい。でもいいなぁあれ。他にも昔乗ってた「R1-Z(中期型?)」とかも気になった。しかし2万キロ以上乗ってる2stって、、、たぶん2stらしさを堪能するには、いろいろ修理しないとならないだろうな。

もう少し奥に行ってみると「DUCATI モンスター」の900空冷。DSじゃないやつ。これもいいけど、もうデザインが古くさい感じがぬぐいきれない。しかも手に入れたら入れたで、かえってSS900思い出して寂しくなったり、無駄にカスタマイズしてSS900に近づけたくなったりしちゃうだろうな。あとはパニガーレの新車もあったけどあの「取って着けたような」マフラーはいただけない(いろいろな所で指摘されてたけど同意見)。

とそのパニガーレの近くにBuellのファイヤーボルトがあった。オレンジ色がメインでいかにもド派手なアメリカンバイク。Buellは一度乗ってみたいと思っていたけど、これはちょっと落ち着きがなさすぎる。とはいえどんなバイクか知りたかったので、お店の人を呼んでちょっとエンジンかけてもらった。1200ccのでっかい排気音。振動がすごい。ドコドコ感とかいうやつだな。DUCATIの小気味のいい振動とはまた違う。なるほど、こういう感じですか。もう少し小振りで900cc以下750cc以上みたいのないかな?と訪ねると「あります」とのこと。ほー、そうなのか。でもひとまず今日は、もうお昼休みも終わっちゃうので会社に帰ることにした。


《関連記事》

Top