トップページ > いろいろ写真集 > 1997〜2000年(黎明期) > 青森ねぶたツーリング

青森ねぶたツーリング

▼ 1999年 8月 5日

8/6:鳥海山からスタート

ワインディングから見る海は絶景、でも危険。

ついつい海に目が行ってしまって海側にふくらむ、ふくらむ。
最高のワインディングブーツすりすり
でももっとバンクしないで曲がれるはず(やったことある)

小山氏“お怒り”!?

あんまり景色がいいので記念に写真に撮っているうちに、小山氏は先に行ってしまった(もっと見渡しのいい展望台で待っていたそうな)

追い付こうと思って飛ばした。ら、やたら気持ちいいワインディングなのに気付いて、止まれなくなった。

そんなこんなで小山氏を置いてきぼりにしてしまった。ワインディングが終わったあたりで「あら?いないな」と気付いて携帯かけてやろうかと見てみると、、、伝言に不機嫌な声で「おまえ置いてったろー」と入ってた。→鳥海山のふもとで無事合流。

メガネなくした

7号線

白バイに捕まってる人がいた。

東北名物道端のアイス売りのおばちゃんからアイス買った。
「まわりから、たんびて」→初めて感じた、東北だよここは。

海をはさんで、さっき走った鳥海山が見えた。

大潟村

ぜひ八郎潟を見たかった。

ずーーーっとまっすぐでまいった。

大きな交通事故に遭遇。ワゴン車が横転していた。

現金がないのと毎日飲みすぎなもので、小山氏に「お願いだからお金と、胃薬買えるところに行きましょう」とお願いだか、提案だか判らないこと言って、途中、能代で昼飯ジャスコで金おろした。ついでに胃薬を買って飲んだ。

とにかく暑い。

道沿いの海の家ではすごい客引きケバイおねーさん&狂ったような身振りのばーちゃんがいた。

おや「青森県」

クレーン車が行く手をはばむ。

ゆっくり自動車の後をついて走るのはドカティ乗りにとっては地獄だ!X4はどってことないみたいだ。

夕方になるとなぜ?

ちょっと休んでいたら、せっかく抜いたクレーン車にまた抜かされた。ウサギとカメを思い出した。

青森湾のフェリー乗り場についた!

格好のテント設営場所がなんと「テント禁止」

貸衣装してくれる所へ連絡4700円だってあんましやる気なくなった、疲れてるし。

ねぶたの会場青森駅前に到着!

梅宮辰雄を見た。

みんなねぶたの格好してる急にやる気出てきた。

寝る場所を確保衣装を貸してくれる喫茶店でテント晴れる場所を教えてもらう。

行ってみると似たような人達がたくさんいた。

僕等もよろしくー。

我々も衣装を借りる

衣装着た写真とったらもう、やる気まんまん!

ケーキ付けに居酒屋で一杯!と思ったら「跳ね子さんは祭りの期間中はお断り」だそうな。

いよいよ祭りに参加

なんだかTOSH●BAさんのところで飛び入り参加

となりでいきなり「らっせーらー、らっせーら!」続いてみんなは「らっせーらっせー、らっせーら!」なぬ? とにかく跳ねるのね。

四分の一周ったところで、すでに足つりそう。

太鼓の音が迫力満点。

のどがカラカラ。連の最後尾で水リヤカー発見。うめー!

半分まわったところで急に楽しそうな動きが!なんだかみんな集まってってるよ

正体判明、すぐさま参加急に盛り上がる! もっかいやってー!

一周したら跳ね子はおしまい。

それでもまだ集合らっせら、やるやる、みんな大好き!

おみあげ買って一段落

テントに戻って着替えて落ち着いたらもう動きたくなくなった。

飯食って、風呂入るはずだったけど、そのままおやすみなさーい
10時くらいだったかな

跳ね子になりました

小山氏と

(つづく)


《関連記事》

Pages: 1 2 3 4 5

Top