トップページ > バイクメンテ > SRV-250 > YAMAHA SRV250のウェルカム整備

YAMAHA SRV250のウェルカム整備

▼ 2002年 7月 21日

すてきなフォルムのSRV-250。ついにkunの手元にやってきた。しかもエンブレスマルーンのタイプS。とはいっても強烈に安く手に入れたので、細かいところはけっこう遣れてるかんじ。

さっそく「ウェルカム整備」に取りかかりましょう。

YAMAHA SRV250エンブレス・マルーン SS900だと、その加速についてけないとの奥さんの要望で、タンデム(二人乗り)用に追加購入しました。YAMAHA SRV250です。

ところが、納車になってちょっと乗ってみたら、クラッチの調子がおかしい...

ケーブル・インジェクター本体 なんとも、クラッチケーブルが古いオイルでつまってるカンジ。そこで、昔YAMAHA R1-Zに乗ってたときに購入した「ケーブルインジェクター」で、掃除&潤滑。

←こんなカンジで、はずしたクラッチワイヤーをはさんで...

ケーブル・インジェクターの使い方 スプレー式のオイルをブシューっと。下のクラッチワイヤーの出口から、きったない古いオイルが出てくるので、ボロ布で受けるように。

最初はお掃除のためにCRCで、つづいてワイヤー用のオイルを入れました。

クラッチレバーのそうじ あと、クラッチレバーも潤滑。バイク屋さんでは、そとからグリススプレーをシュッと吹いただけみたいだったから、レバーをはずして、まずは掃除してから、またグリスを塗っておきました。
SEV250の全景 おー、すっかりクラッチのフィーリングはよくなったよ。こんなトラディッショナルなバイクもステキだなー..
SRV250のトップブリッジまわり ついでにメータ周りはこんなカンジ。

《関連記事》

Top