トップページ > いろいろ写真集 > 2011〜13年(衰えとの戦い) > 10年目の車検にだす

10年目の車検にだす

▼ 2012年 3月 18日

2012年は車検の年。春先の三寒四温の「温」のまっただ中なので、急きょ、今日車検に出すことにした。いつものとおりレッドバロンさんに都合を伺うと「今日OK」とのこと。さっそく持っていくための準備をすすめる。

まずはタンクをあげて… 最初、代車はないだろうとレッカーをお願いしたところ、「代車あるから持ってきて」とのこと。もう買ってから10年経つので無料レッカーチケットは期限切れ。自分で行けばタダなんだけど、まだ寒いな〜と思って、、、
バッテリーを取り付けないと出れません せっかく代車をだしてくれるので、自走していきます。まずはバッテリーを載せないと。
タンクをあげて前から見てみた タンクをあげて、前から見たらこんな感じ。SS900はタンク下にエアクリーナがある。吸気の時ここから「ルガガガガガ」とこれまた魅力的な音が聞こえてくる。
さてさてそろそろ車検に出しましょうか  タンクをあげたまあ、斜め後ろから。これまた普段見慣れているけど写真を撮ったのは初めて。なんだかおもしろい。
代車の「HONDA SPACY100」  車検の手続きをして、代車の「HONDA SPACY100」を借りてきました。これまた扱いやすいスクーターで、通勤にはちょうどいい大きさ。速度域も普通に車の流れに乗れる小気味よさがある。

バッテリーが3年目なので少々心配。点検をしてもらえる。
だいたい1週間で車検やら手続きが終わるとのこと。しばらく「待ち」です。


(2012/03/24)

約束どおり1週間で「車検完了しましたよ」の連絡をもらった。でもその連絡に「ただ1点、ご連絡がありまして…」と続いた。だいたいこういうのはGood Newsじゃないのが予想できる。

クラッチカバーの受け側にヒビが 【そのご連絡事項】
これは水平側エンジンヘッド。デスモのバルブ機構に動力を供給しているコグドベルトのケース。裏側から支えているプラ(ゴムかもしれない)の矢印の部分に“クラック(ひび)”が入っている!今回、この中に入っているベルト一式の点検をしてくれたのだが、ここにクラックが入っているためこの部分を開くのをやめ、別の小窓から点検したそうな。
クラッチカバーにクリア塗装  ↑これ、20,000Kmのコグドベルト交換時は一式交換になりそう。これは前回の車検時の点検で、閉めすぎたのでは??とも思うけど。。。
←最近、カーボンのクラッチカバーがシモけてきたので、クリアをスプレーしてやった。ところがこのスプレー、だいぶ前に買ったクリアスプレーで、残りもあまりなかったので、きれいに均一にスプレーできなかった。また「研ぎ」で頑張るか。。。
カッコイーSS900 はい、今回の車検後のワンショット。10年経つけど、まだまだきれい(あまり乗ってないから)。バッテリーもまだ大丈夫のようだ。来年は交換かな?

end…


《関連記事》

Top