トップページ > バイクメンテ > 900SS > 900SS転倒!

900SS転倒!

▼ 1999年 8月 16日

~はじめての転倒;痛かった~

1. ちょっと走りに行った
  (1) イヤー参った。弟と一緒に妙高の温泉には入りに行った帰りのこと。
  (2) 急に雨が降り出して、ちょっと嫌な感じで帰路を急いだ。
  (3) 黒姫を抜けて、牟礼村に入ると雨が上がってきた。
  (4) 少し滑るけどペースあげても大丈夫かな?
  (5) 地蔵久保のバス停が見えた。この先は晴れてりゃ楽しい高速コーナだ。

2. ヤバい
  (1) ちょっと上りの左高速コーナに差し掛かった。
  (2) ぐっと後輪に体重をのせ、グッとトラクションを掛けはじめた。
  (3) するとチョット外側に流れ出したのが分かった。
  (4) ここで体勢を立て直そうと内側にハンドルを無意識に切った(んだと思う)
  (5) 突然後輪はグリップを取り戻し、前輪を軸に後輪は宙を舞った。
  (6) 本人はバイクとともにアスファルトにたたき付けられる。
  (7) この時右手から着地。ショックを吸収してくるっと回って背中で滑走した。
  (8) 滑りながらヘルメットがゴツゴツあたっているのが分かった。 

3. そして
  (1) 後ろから来ていた弟は、追突しそうになるのをなんとかこらえた。
  (2) 倒れている900SSを起こすのに、手を貸してくれた。
  (3) 「初めてバイクでこけるの見たよ! いいもん見せてもらった」だって
  (4) バイクをみると、
  (5) あーやってもーた。タンクへこみ! ハンドルが食い込んでるよ。
  (6) 右カウルばきばき。ウィンカーもばきばき。
  (7) なんとミラーが根元から折れちゃってるよ。
  (8) ブレーキレバーも折れてます。
  (9) たまたま弟がもっていた携帯でレッドバロンに連絡。
  (10) 引き上げてもらう事にした。
  (11) しかし引上げ車の到着を待っている間に、だんだん右手が痛くなってきた。
  (12) 肘も伸びなくなって来たぞ。こりゃまずいなー。
       ↓900SSはこんなんなっちゃった

こんなんなっちゃった

  (13) 結局右手は手首のしゅう状骨という軟骨を骨折。肘は打撲。
  (14) この日から1ヶ月のギプス生活が始まった。
  (15) 夜は痛くて眠れなかった。

end…


《関連記事》

Top