トップページ > バイクメンテ > 電装・外装ほか > ヘッドライト強化キットを取付け

ヘッドライト強化キットを取付け

▼ 2010年 4月 3日

車検に出したらなんとヘッドライトが「光量不足」で通らなかった。もともとSSのライトは暗いので、高効率バルブ『アブソリュート ホワイトハロゲン』を入れておいたんだけど、9年目に入ってリフレクターが曇ってきたのか。。。(磨こうとして失敗した;下地が出ちゃった;話を聞いたことがある)

車検をお願いしてあったRBで、気を利かせて、RBオリジナルの「ヘッドライト強化キット」を組み付けてくれた。

SS900_アブソリュートホワイトハロゲン 2002年にいれた『アブソリュート ホワイトハロゲン』60/55Wだけど、130/125W相当の明るさになる、という代物。リフレクターの劣化で、これだけではもう、車検をパスできる明るさを維持できなくなってきているらしい(計測では2万ルクスを下回っているとのこと)。
SS900_タンクを上げるとSSの吸気、電気関係が入ってる 着けてもらったヘッドライト強化キットを確認しておこうかと思い、タンクを上げる。SS900はこうやってタンクをがばっと上げて、バッテリー周りや、エアフィルター周り、もちろんタンクからのパイプ類のメンテができるようになっている。ガソリン満タンでも上げられる。
SS900_これがヘッドライト強化キットのリレー さてこのナナメの「12V NO」とか書いてあるのがヘッドライト強化キットのメイン部品、リレーだ。RBオリジナルだそうで、、、このリレーが2個付いているところをみると、HI/LOWそれぞれに1回路ですかね。なるほど。これ1セットで5,000円でした。
SS900_ベッドライト周りの配線はこんな感じ こちらはヘッドライト側。写真の左が前。なんだか電球から、中間にカプラーというか、コネクタというかを介して赤・白・黒の配線が、伸びている。この配線がバッテリーとリレーに伸びている。結局、よくあるリレーキットで、ハンドルにあるスイッチを通らないで、バッテリーから、短い配線で電球に電気が届く仕組みだ。
SS900_ヘッドライトを前から見ただけでは変化は判りません ヘッドライトを前から見てみても、明るくなったかはよく判りません。でも車検では規定の明るさをクリアして、いちおう2万6千ルクスだったそうで。こうして、改めてヘッドライトをよく見たら、電球がやけに青い。こんなだったっけ?と思ったけど、本ページ一番上の写真を見ても、やっぱり青かった。。。

end…


《関連記事》

Top