トップページ > バイクメンテ > 電装・外装ほか > アルミ部品のサビ取り(バイクさびとりつや之助)

アルミ部品のサビ取り(バイクさびとりつや之助)

▼ 2008年 5月 25日

ちょっと前から、DUCATI SS900のトップブリッジ周りが、なんとなくシモけているというか、アルミ独特のサビ方をしているのが気になっていて。このアルミのサビに効くケミカルはないかと探してみると、ありましたよ「バイクさびとりつや之助」。さっそくSS900とFORZAに使ってみました。

こちらが「バイクさびとりつや之助」 こちら左が「バイクさびとりつや之助」。名前はふざけてるけど値段も約1,000円とお手頃で、しかもサビを落とした後もカラ拭きだけでOK。錆び止め効果まであるらしい。ひとまず買ってみた。
今回は「Parts Online(パーツオンライン)」で購入。
写真は大きく見えるけど400g入り。
ポツポツ錆びが… 最初にちょっとテスト。まずはFORZAのミラーステーも、最近ポツポツ、サビが浮いているので、こちらで試しにやってみた。ウェスのちょびっと「つや之助」を出して軽く拭いてみる…と…
ツルぴか!つや之助の効果! ありゃりゃ!きれいになりますね。ピカピカ!
(写真で見てもわかる)あんまり「つや之助」をつけすぎると段差やネジの頭などに残って白くなってしまうから注意。ワックスなんかと同じだ。
霜けているフロントフォークの頭 お次ぎはいよいよ本番DUCATI SS900の方。このトップブリッジから突き出ているフロントフォークの頭、というかアジャスター部分が「霜シモ」。
まあまあきれいになった さてさて、やっぱり複雑な形をしているのでちょいと難しい。写真ではよく判らないけど、だいぶシモけた感じがとれた!
マフラーステーはピカピカになった ついでにマフラーのステーも。これもアルミ丸出しなので、けっこうサビてきていたけど、すっかりピカピカ!マフラーそのものもチタンだけど、汚れが落ちたせいか、きれいになった。
AERRAのステップもピカピカになった! あれだけきれいだったAERRAのステップも、けっこうサビてきていたけど、こちらもピカピカ!元通り!

(つづく)


《関連記事》

Pages: 1 2

Top