トップページ > バイクメンテ > 吸排気系 > コルセスリップオンに換装

コルセスリップオンに換装

▼ 2002年 10月 19日

あこがれの「MOTO CORSE」のチタンスリップオンを購入した。
着いたその日に換装しちゃったんだけど、その時はデジカメが壊れてたんで、まったく写真が撮れなかったんだけど、ようやく治ってきたので写真撮ってみました。

モト・コルセ・スリップオンの箱 全長1m10cmの箱に入ってきた。
中にはチタンスリップオンマフラーの左右一対と、ステー左右一対と、マフラー固定用金属バンド2つ、それからどうやらチタンボルトと思われる、取り付け用のボルトが入っていた。まずはもとから着いてるドカティ純正マフラーを取り外すところからはじめました。
SS900純正マフラーの取り外し 純正マフラーは、ステーの付け根のボルト2本を外す。(写真では新しいステーがついちゃってますが...)
純正マフラーはここから抜けます と、エキゾーストに刺さっているところから、スポッと抜けた。続いて、新しいステーを取り付ける。左右両方ともステーだけつける。
シリアルナンバー付きです! これはマフラーのシリアルナンバープレート。「自信を持ってご提供しています」ということだと聞いた。ふーん。続いて、マフラーをエキゾーストに差し込む。
マフラーの中身 エキゾーストにマフラーを差し込んだら、固定用金属バンドをエキゾーストの方から差し込んで、ステーで固定する。中身は今ハヤリの、ストレート構造になっている。さっそくエンジンかけてみると、これがまたいい音。うるさいんじゃなくて、なんていうか、ドカティの本来の音?
マフラーの外観 きれいな溶接。すてきー。

(つづく)


《関連記事》

Pages: 1 2

Top