トップページ > バイクメンテ > FORZA-T > ウェイトローラー交換

ウェイトローラー交換

▼ 2011年 9月 10日

ウェイトローラーの交換で、FORZA(MF06)の加速を改善!

ウェイトローラーを交換して加速度アップ!けっこう調子よく走っていたFORZA-Tですが、今シーズン再始動から加速の具合が悪い、と感じる。出だしと、巡行からちょっと加速したい時、エンジンの回転数は上がるのに加速しない。これがコーナリングから立ち上がる時も同じ症状で、思ったより加速しないので、遠心力が足りなくて思わず足をチョンと着くこともしばしば。

たまたま寄ったバイク屋さんで相談すると、「そりゃ、ウェイトローラーを新品に交換すれば解決するよ」と教えてくれた。工賃は4,000円、部品代は全部でまあ7,000円くらいとも。

ウチに帰って“インターネット”で「ウェイトローラー」を探したら難なく見つかった。3つで1,200円(FORZA-Tは6個必要なので2セット注文した;バイク屋さんには申し訳ないところですが…)。ざっと交換の手順も確認してウェイトローラーが届くのを待つ。

初期型FORZA(MF06)の純正ウェイトローラーは、21.0g×3と31.0g×3の二種類を使っている。
http://www.honda.co.jp/factbook/motor/forza/200003/FORZA_007.html

〜今回購入したもの(これを2セット)〜
DAYTONA【デイトナ】ウエイトロ-ラ-27G×3個青フォルツァX用 品番:60862
http://item.rakuten.co.jp/motokichi/60856/

スクーターのプーリーとウェイトローラーの仕組みについては、こちら→「工藤ちゃん、駆動ちゃん」にアニメーション図解による判りやすい解説が載っています。→ザンネンながらサイトのサービスが終了した模様。どこかでまたあのアニメーションを公開して欲しい。

アニメーションではないけど、プーリーとウェイトローラーの仕組みが紹介されているページ(pdf)
→「スクーターの変速原理(Vマチック) 」(2ページ目)

標準より加速重視にしたいなら、ウェイとローラーも標準より軽く、でもあまり軽くしすぎてしまうと、最高速に達しないので注意。

最高速重視なら逆に標準より重く。とはいっても、ローラが一番外側までいったらそこから先は変わらない、自転車で重いギヤからスタートするようなもの。やっぱりバランスが大事→標準設定が一番(お金掛けて一番いいバランスを探してあるのだから当たり前)

まずはFORZAの変速機を開けます(これはカバー) 2日ばかりしてウェイトローラーが届いた。まずはFORZAをバラすところから始めます。この後タイヤがくっついている黒いところにプーリーやらベルトやらクラッチやらの変速機が入っている。この部分が、エンジンからの後タイヤに伝える動力を、速度に合わせて調整してくれています。この3つのボルトを外すと…
変速機のフタを開けます 下から似たような形の銀色のものが出てきます。さっきの黒いのはただのカバーでした。
全部で5つのボルトがあるけど、ひとつはフェアリングの下で、ぱっと見、どこにあるか判らない。そうそう、まだ変速機のカバーは開けない。まだボルトを外してはいけない。
作業しやすいようにフェアリングに突っかい棒をします ここからの作業のために、フェアリングが邪魔なので、端っこをちょいとめくります。本当は全部外せばスマートなんだけど、ネジを一つ外して「ヘキサゴンレンチ」を突っかい棒にして開いておきます。板きれや段ボールでもなんでもいいです。5cmほど広げておければなんでもいいです。
エアクリーナーを外します ミドリの矢印のブリーザパイプに気を付けて、黒いプラスチックの部品(変速機ボックスのエアクリーナ)を外します。これを外すと、赤い矢印の変速機ボックスのフタを留めている5つめのボルトが見えます。
そうそう、このエアクリーナボックスの中に、スポンジのエアクリーナが入っています。いちおうざっと中性洗剤で洗っておきました。
さて、留めている全てのボルトがみえたので、5つのボルトを外して、変速機ボックスのフタを外します。
FORZA変速機の全貌 変速機ボックスのフタを外すと、変速機の全貌があらわれます。左がエンジン側(ドライブ)、右側がタイヤ側(ドリブン)。ウェイトローラーはドライブ側、奥側のプーリーの裏に入っています。
まずは矢印のボルトを外します。が…これは一筋縄では外れません。普通にレンチで回そうと思ってもプーリーも一緒にくるくる回ってしまいます。
(ボックスレンチは22mmを用意)

さてそこで、これを留めてやる工具を自作してやろうと、ホームセンターで適当に鉄板を買ってきて作ってみたんだけど、、、実際にかませてグイっとレンチをかけたら、なんとも簡単に「へにょ」っと曲がってしまった。ぜんぜん強度が足りなかったようです。だれかのホームページで自作したのを見た覚えもあるんだけど、、

こんな特殊工具を購入するのも考えもの。しかも“インターネット”の情報では3〜4千円するらしいし。
まあでも近所にSTRAGHTの直営店があるので、だめもとで寄ってみたら、、、

(つづく)


《関連記事》

Pages: 1 2

Top