トップページ > バイクメンテ > 吸排気系 > マフラーの修理(改造でなくて)

マフラーの修理(改造でなくて)

▼ 2007年 5月 20日

リベッターにリベットをセット こんな感じでリベットをリベッターに差し込んで‥
リベットをカシメると‥ 試しにグイッとカシメてみた。
こうやって先端が太くなるんで抜けなくなるんだね。
スリップオンのエンドをはめ込み まずはズレてる角度を修正。
マジックでこんだけ回せばOKってのを印しといて、外の筒に合わせて穴をあけます。結局、写真のとおり1cmちょい回転させねばならんほどズレてた。ちゃんとしたドリルないから「なんちゃって電動ドライバー」に付属のなんちゃってドリルで穴開けて、テーパーリーマーで拡げる、というなんともいい加減な穴開けでいきました。
いよいよリベッターで固定 穴が開いたら、リベッター!ところでリベットのこっち側(出てる方)の軸をどうやって切るんだろう、とふと知らないことに気付いた。前に学生時代に見てた時は、リベッターが勝手に切ったように見えてたんだけど‥元々留まってるヤツの様子をみると、なんか引きちぎったように見える。
ってことは、とにかくガンガン引いてブチ切ればよいのか!
リベッターで留めたところ しばらく、ぐいぐい引くと「ブチーン!」と切れた。うまく行きました。この切れる時に、なんか飛び出てきたりする。リベッターを覗いてたりすると危ないので注意。
角度もおかしくありません はい、こんな感じできれいにできました。これで角度もいい具合。
MOTO CORSEの美しいスリップオン こちらは横から見た感じ。
いいですね。

end…


《関連記事》

Pages: 1 2

Top