トップページ > バイクメンテ > エンジン・駆動系 > ホットワイヤーのコネクタを付け替え

ホットワイヤーのコネクタを付け替え

▼ 2008年 8月 23日

こないだ付けたホットワイヤーだけど、水平シリンダ用イグニッションコイル側のコネクタがストレートタイプだと、どうにも座りが悪い。いろいろ手配して、お願いしたら、快く新品のL字型のブーツとコネクタを送ってくれた(○○自動車さんありがとうございました)。さっそくストレートから付け替えてみた。

ホットワイヤーのエルボ型コネクタとブーツ さてこれが、おくってもらったブーツとコネクタ。コネクタは圧着した後、くびれているところで90度に曲げることで、ブーツの中にちゃんと納まるようにできている。。
エルボ型のコネクタをホットワイヤーに圧着 ストレートと同様、先にブーツをケーブルを通しておいて、その先にコネクタを圧着する。で、圧着した後にコネクタを曲げてからブーツの中に入れるのだが、そのままケーブルを引っ張ると、コネクタがすっぽ抜けるので、ブーツとケーブルの間に石鹸水とか染ませてスルっと入れる。
水平シリンダ用イグニッションコイルへ装着 これが装着の状態。いい具合になった。
(下の写真はストレートブーツのときのものです)
ストレート型だと こんなんだったけど、いい具合になりました。

end…


《関連記事》

Top