トップページ > バイクメンテ > 吸排気系 > K&Nフィルタのクリーニング

K&Nフィルタのクリーニング

▼ 2003年 3月 16日

そろそろ暖ったかくなってきたので、フィルタのクリーニングをしてみました。
前に購入した『K&Nフィルターケアサービスキット』できれいにします。なにしろ今SS900に着けてるフィルタは、4年前に乗ってた900SSにTMR組む時に一緒にセットで買ったもの。F1に乗ってる間は使わなかったんだけど、いつか使う日が来る予感がしてたので、取っておいたものでした。

K&Nフィルターケアサービスキット 《12/14/02購入》
『K&Nフィルターケアサービスキット』
(2,125円)これはK&Nフィルターをキレイにして、また使えるようにするキット。さてさて取り掛かりますか‥
エアフィルタ・ボックスを開ける まずはエアフィルタボックスを開けます。
ドライバみたいなもんで、とめ金をはずします。あんまりイキオイよくやると、とめ金そのものがボックスからはずれちゃいます。これは前の900SSと同じですね。
まえに900SSではこの留め金をとばしてしまって、しかも中に入っているヒンジのシャフトも紛失。仕方がないので同じ太さのボルトを切って流用しました。
エアフィルタ・ボックスを開ける こんなカンジになります。
4つあるとめ金を全部はずすと、上のふただけとれます。中からフィルタを取り出します。

いよいよメンテナンスキットを使ったメンテに入ります。

エアフィルタにクリーナ・スプレーを吹きかける まずは取り扱い説明書を読みましょう。ふむふむ..

最初はハケかなんかで、大きなゴミを取り除く。で、ざっと水をかけて湿らす。

写真でも下半分がなんとなくよごれてるのが分かるかな.

お次はいよいよキットから、クリーナースプレーを取り出して“外側”(外気の吸入側)に吹き付けます。けっこうシットリするぐらいまで吹き付けました。

シャワーでクリーナと汚れをすすぐ 10分間そのままほっておくと、汚れが分離するとのこと。汚れが分離したところで、今度は“裏側”(EFI 側)から水をかけて、クリーナーと汚れをすすぎます。
あんまり強い水流じゃイカンとのことだったので、シャワーで充分すすいだ。

最初、よごれた赤っぽい水がどっと出た。やっぱり汚れてるもんなのね。

キレイになったエアフィルタ 水ですすいだら、よく振って水を取ります。写真でも判ると思うけど、フィルタの色がピンクから白っぽくなっちゃっいました。
ピンクだったのはフィルターオイルの色だったようです。キレイに落ちたようです。
K&Nフィルタ - よく乾かす 一旦よく乾かします。乾かすのは自然乾燥でいきます。乾かすのにエアコンプレッサーやドライヤーなどは使わないように、との注意書きがあったので。強い風でフィルタが破れちゃったり、熱で周りの枠を溶かしてしまわないようにでしょう。

今日のところは、ここでおしまい。
来週までには乾くでしょう‥

K&Nフィルターにフィルターオイルを染ませる 乾いたフィルタに「フィルターオイル」を塗るようにしみ込ませます。ひだに沿ってチューっと端から順番に塗って行きます。表をひととおり付けたら裏面を同じように塗って行きます。10分くらいすると全体に染み渡って、元々の状態になります。
エアフィルタのクリーニング完成 ひと通り終わって、しばらくすると、こんなカンジになりました。
K&Nのシーリング・グリス さて、フィルタがキレイにピンクにそまったら、SS900に組み込みます。この時フィルタのとこで横から空気を吸わないようにシールするグリス(シーリンググリス)とのことです。
前にK&Nフィルタを買ったときに付いてきたものでした。

でもどっちかっていうと、キャブとインテークをつなぐボムホースで使うほうが正解(二次エアの吸い込みの話ならね)なんだろーなーと思う。

グリスを塗り付ける いちおう、上のシーリンググリスをフィルタのワクにぬりつけました。
組み込み完了 で、組み付けてふたをしてこんなカンジ。早く暖かくならんかなー..
走りに行きたいもんです。

end…


《関連記事》

Top