XB12Ss排気の自動制御装置をキャンセル

どうにもアイドリングあたりの調子が悪い。スタートしてもすぐにエンジンが止まってしまう。
エンジンが冷たいウチや、空気が乾燥している時など、薄めになる時は調子がいい。だんだん暖まってくると、まあ調子が悪い。信号で停止したらとたんに止まる。ひどい時は、クラッチ切ってアクセルオフしたトタンに停止、と言う時も。。前のXB9Sはここまでひどくなかった。なにか変なトルクの谷みたいのはあったけど。。

今更ながらBuellの燃調の不調について調べた所、排気系の「抜け」を自動的に調整する仕組みが、どうやらいろいろと悪さをしているらしい。日本向けモデルだけでなく、海外のユーザーでもいろいろ情報提供されていた(参考にした記事は皆、2005年とか10年以上前のものばかり、、、)。

まずは透明なダミータンクのカバーを外した。ここに見えている黒いエアボックスの外箱、後期型はこんな感じで縦スリットや四角い穴が開いているのだそうな。

吸気効率を上げるためでしょうか?

エアクリーナボックスの上に、その排気の抜けを調整する装置が乗っかっている。真ん中で、手前側にワイヤーが伸びている丸いのがそうだ。

その丸いヤツ、左に見えてる二つの穴に刺さっていたネジを緩めるとこんなのが出てくる。

「DO NOT ROTATE BY HAND」と。他の方のサイトにこの箱をさらに開けた写真によると、中のサーボモータがウォームギアで右下に見えているプーリーを回す仕組みらしい。これがコントローラ。

プーリーからワイヤーのタイコを外して、指で引っ張ってみた。そこそこのテンションだけど、指でつまんで引っ張れる程度。目いっぱい引っ張ると下の方で「カコカコ」言う音が聞こえる。
排気を調整するバルブにつながっているらしい。

引っ張るとバルブが開いて排気効率が上がる→薄くなる、らしい。

海外のサイトにもいろいろな方法でこのワイヤーを留める方法が提案されていたけど、別途、留める金具などを用意しなくても、このワイヤーをくくり付けている台座に挟み込んでやった。

少しずつ引っ張って、ちょうど良い所で留めてやった。何度か乗って確かめる必要あり。。

さて、もう一度カバーやらを組み付けて気がついた。この丸い枠の下に、この大きさでエアクリーナがあって、真ん中にインマニへ繋がるファンネルがある。

このファンネルに、より層流の状態で空気が入るように、なのかキレイなへこみを発見。芸が細かい。

メーターバイザーに着いていた「Lightning XB12Ss」のエンブレム、ちょっと引っかけて半分剥がしてしまった。

いっそのこと剥いでやれ。。。とこんな感じ。

ついでにCROSS CUBに余っていたミラーを付けてやった。スクーター用ミラーみたいだったのが、すこしワイルドな感じにできた。いいね。

※排気バルブの空き具合を調整するその他の方法
(1) 特別にワイヤーを引っ張っておく治具を作って仕込んでやる。治具を作ったりうまくエアクリーナボックス内に治めたりするのが面倒そうだったのでやめた。
(2) ワイヤを挟むだけのボルト+ナットで希望の位置で留める。調整が面倒そうだったのでやめた。
(3) もっと根本的にやる方法:マフラー側にある、バルブを動かすプーリーをワイヤリングして希望の位置で留めてしまう。コントローラと繋がっているワイヤは取り外す。マフラーを外さないとまあできない。それにはベルトテンショナーをいじったりして、ベルトを緩める必要あり。またマフラーを外すにはディープソケットレンチも必要。大掛かりなのでやめた。

あとコントローラを取り外してしまうと、バイクのコンピュータにエラーとして検出されてしまう(メータの中の「システムエラー」のオレンジ色のランプが点く)。コネクタに繋いだまま、ただプーリーを空回りさせてやる。。 コネクタをちょっと改造して抵抗(抵抗素子)を付けてやればコンピュータをごまかすことはできるらしいけどそのまま付けておく。外すとまた、その外したヤツをどこにしまって置くかで悩むので。

なんだかこの修正のおかげで、ちゃんと最初からエンジンがかかるようになった。アイドリングの不調も解消。ついでにXB9Sでも発生していた変なトルクの谷、というか急に吹け上がりがスポイルされるようなことはなくなった。こんな機械的に調整しなくても、EFRで調整できたろうに、、 いろいろ事情があったんでしょう。