トップページ > いろいろ写真集 > 2006〜10年(バイク生活充実) > 直江津「鱈めし」ツーリング

直江津「鱈めし」ツーリング

▼ 2009年 10月 11日

先々週のF島さんとの出張で、新幹線の座席に置いてあるJR発行の小冊子「トランヴェール」見ながらF島さんが『直江津の駅弁「鱈めし」うまいんだよ』と。しかもそのときF島さんMGFなるオープンカー乗りだと知り… それじゃ今度いきますか!と「鱈めし」食べに“走り”に行くことになったのが今回の企画。
参加はMGF)F島さん,MONSTER-S4)K玉,BMW-F800ST)よし君,M原君。

柳原のアピナでSS900 集合場所の柳原のアピナで一枚。朝、起きたときはけっこう寒く感じたけど、ここまできてみると割と日が暖かい。じっとしてると少々暑いくらいだ。今日はすんなり行ってもつまらないので、中野~夜間瀬~北志賀~木島平(高社山をぐるっと一周)、また千曲川をわたって斑尾かすめて飯山街道から国道18号線に合流。そこからは一直線に直江津まで。MGFにはバイクチームの後ろからきてもらう事に。だれかコケたらMGFにヒかれる。
直江津名物ホテル ハイマートの「鱈めし」 国道8号線にぶつかったところで、ひとまず直江津駅の看板を探す。「こちら」とさされる方に曲がってみたけどどうも違う。そこへ地元のM原君がささっと道案内してくれた。難なく直江津駅、そして目の前にホテル「ハイマート」。ホテルのフロントで、予約しておいた鱈めしを受け取った。
直江津名物ホテル ハイマートの「鱈めし」の中身 さらにホテルの方のご厚意で、贅沢にもロビーの机で食べるのを許可いただいた。なかなかツーリングじゃあり得ない待遇でした。で、おいしそうな鱈めしを前に、みんなケータイでパシャパシャ撮って、それから『いただきます』。タラコと鱈の甘露煮。鱈の親子丼なんですね。さらに付け合わせの品々も相性よくホントに美味しくいただいた。確実にありつくにはぜひ予約を
ハイマートの駐車場にて こちらも贅沢に駐車場に4台ならべて停めさせてもらった。MGFはちょっと離れたところに。。。写真、撮るのを忘れた。日本車とはちがう作り込みがいい感じだ。ブレーキのマスターシリンダの取付けが甘いとのことで、ちゃんとペダルの力が抜けないようにする治具が、、定番のカスタムらしい(残念ながらMGFはここで離脱)。
神々しい白馬連山 帰りは国道8号線から、糸魚川、白馬経由。白馬の町の中が工事のためか、異常に渋滞していたので、やむなく406号で長野へ。松本平が最後にみれるトンネル前の峠から、白馬を振り返ると、なかなか神々しい雰囲気。頂上付近はだいぶ雪があったけど、最近降ったものだろうか?後もうちょっと、がんばって帰ろう。
だいぶ充実したツーリングだった。406号後半の小鍋辺りでは、だいぶ体も動かずブレーキに頼ってたら、いつの間にか後ブレーキを強めにかけていたらしく、一回後ろが滑った。ハイサイドを食らわずよかった。

より大きな地図で 鱈めしツーリング を表示
なんだかだいぶ汚れたツナギ (ウチに着いて一息ついて‥)
写真では少々判りづらいけど、今回のツーリングでだいぶ汚れた。小谷のシェードの下を走ってる時、ずっとトラックの後ろだったからかも。雨にも降られたし、さっそくレザー用クリーナーで汚れを落として日陰干し。2~3日したらまたミンクオイルを補給してやろう。ステージレザーのロゴ、かっこいい。

end…


《関連記事》

Top