トップページ > バイクメンテ > 900SS > クラッチが切れない

クラッチが切れない

▼ 1999年 7月 5日

おうちにやって来た900SS。いろいろ気になるところが...
さっそくお手入れしてみました。

1. 症状
 (1) なんだかニュートラルが入りづらいなぁ、まぁこんな日もあるか。
 (2) ところが温まってくるに従って更に悪化。
 (3) しまいにゃ、完全に握りこまないとクラッチ切れず。
 (4) なんだか「アソビ」も多いし、スッカンスッカン(エア噛んだ?)。

2. 思い当たるフシ
 (1) そういえば、最初からサイドスタンドの所にオイル漏れしてた。
 (2) オイルの粘度が下がったときに、ドライブシャフトを伝ったのかと。
 (3) ドライブシャフトの上にクラッチのシリンダがあるじゃん...

3. 対処
 (1) バイク屋さんまでなんとかたどり着いた。
 (途中かっちょ悪い発進したりしたけど;やたら手前で来るもんで)
 (2) まずはクラッチフルードの点検,追加。エア抜きをお願い。
 (3) クラッチのアクチュエータ側のシリンダの点検もお願いした。
 (4) ついでなので、オイル交換もやってもらうことにした。

4. 原因は?
 (1) で、どうなった? どうやら始めに引き取った時に、クラッチが固着していたようだ。
 (2) で、最初のクラッチ操作でアクチュエータのシールが破損
 (3) 徐々にフルードが漏れモレ。
 (4) なんかの拍子にエア噛んだ、らしい。
 (5) まずはフルードの追加で今週中はしのぐことにした。
 (6) 同時にオイルシールも注文。届いたら即交換とした。

end…


《関連記事》

Top