XB12SsのECM燃調設定の旅

XB12Ssようやくエンジン快調に!ECMSPYを使う

(↑↑↑これの続きでもある)

んー。。。

アイドリングは安定したものの、暖まってきてからだんだん調子が悪くなる。必要以上に薄くなってしまっているみたい。
暖まってくると、ってことはECMSPYの設定項目で言うと、
> Corrections > Warm Up > Warmup Corr.
だな。

今日はここを中心に調整してみます。SS900+パワーコマンダーの時もそうだったけど、そこそこいつも走るようなところを走りながら少しづつ変更、また走るを繰り返す。。裏山から斑尾高原あたりまで出かけてみることにした。

牟礼村の丘陵から飯綱山、黒姫山を臨む。

「Warmup Corr.」を少し上げたらアイドリングも上がってしまった。。。アイドリング「Idle Corr.」の160℃の補正値を少し下げるか。-10ポイントくらい。。

野尻湖の北側を抜けて斑尾手前の田んぼに差し掛かった。

アイドリング下げ過ぎた。。全閉から開ける時に息継ぎする。4ポイントほど戻して元の値から-6ポイントにした。

排気管がなんとも武骨。そしてやたら短い。SS900は少しでも排気管の長さを稼ぐために面白い工夫がしてあった。

Buellはこの角度からがカッコいい。前にも似たような写真を何度か撮ったかもしれない。。

引きで前から。ここから見るとBuell XBも普通のバイク。

バランスのよいXB12Ss

そうそう、こういう感じ。XB12Ssはバランスがいい。XB9Sは少々寸詰まりに感じたな。

もう一度調整。

2000rpmあたりがどうも薄い。力不足と息継ぎする感じがある。ちょうどコーナリングの出口でよく使う回転域なので、もう少し力強く回って欲しい。

今度はECMSPYのメニュー、
> Maps > Fuel
の2000rpm前後で、スロットル開度の低い10, 15, 20あたりを+2ポイント、それぞれ上げた。

おっと、素敵な小川が見えた。

ついでにもう少しMapsの2000rpm前後を+2ポイント、上げ。

少し走ったら、まだ薄い感じ。同じ2000rpmあたりを上げ。

この辺ももう少ししたら紅葉が見られるようになるだろうな。そしたらまた来ましょう。今度来る時はもっと燃調キマっているはずだし。

(向こうに妙高山が見えてたけど写らなかった)

うん、だいぶいい感じになった。
妙高高原駅に出てきた。ここに出るんだっけ?

ところで左は駅舎でなくて、隣のお店です。

最後にもう一回。あともう+2ポイント、2000rpmあたりを上げた。

もう牟礼村まで帰ってきました。もう少し行くと牟礼駅。写真中央の山は三登山。いつもは長野市側から見ているけど今日は反対側から。でも三登山はどこからみても中華鍋を伏せたような形に見える(そういう形なんでしょう)。

最後に街を通ってきたら、さらにエンジンの温度が上がったようで調子が変わった。アイドリングが落ちてしまった。「Idle Corr.」の温度域のもう一つ高い215℃のところを+2ポイント、上げてみた。いい感じ。

明日の通勤は快適、だといい。。

通勤中に気がついた。アイドリングが高い。「Idle..」でなくて「Warm..」の低温部分を上げるべきなのでは? これでいい感じに近づいたら、もう一度Mapを見直そう。

お昼休みにちょこっと修正。帰りはいい具合、だといい。。

(2021/10/10)飯綱でパチリ。
「Warm Up > Warmup Corr.」がだいたい固まってきたところで、Mapに手を入れたのは正解だったかも。燃調もだいぶまともになってきた。変に一ヶ所だけ薄くなってたり、濃くなってたりしているところを潰していく。。って感じ。

(2021/10/16)吉田の盛伝寺
だいぶ「Warm Up」関連が固まってきて変更するところはほとんどない。Mapの方はどうも2,000rpmの近辺だけ、なぜか濃い感じがする。それこそスロットル前閉から全開まで。アイドリングも2,000rpmに張り付いてしまうのもここの問題っぽい。縦帯で少しずつ薄くして、様子を見ることにする。。

end…